メガソーラーで地球環境にエコ【太陽光でエレクトリック充電完了】

太陽光発電

オーナーの戦略

今後のオフィスビルの修繕の傾向とは

オフィスビルのオーナーの戦略は、良いテナントを確保して満室を実現することです。そのためには魅力的な賃貸オフィスを実現する必要があるので、定期的な大規模修繕が最大のポイントです。また今後は更に新築物件への入居を希望する企業が増えるので、建物の価値を高められるような大規模修繕が主流になると思います。その場合には耐震性も高めるような工事も行われるので、工事終了後は新築物件に負けない質の高いビルになるでしょう。そして大規模修繕を行うときのチェック項目も増えるので、更に質の高い工事が行われます。そのために外壁塗装やタイルの剥落も回避できるので、長期間にわたって建物の美観を維持することができます。

大規模修繕を発注するときの注意点

オフィスビルの大規模修繕の工事の発注では、テナントへの気配りをしっかりと行うことが重要です。そこで作業中であっても、テナントがオフィス内で通常通りに業務が行える環境を整えるべきです。また建物の隅々まで点検したうえで、必要な個所を徹底的に修理するのがポイントでもあります。そして外壁塗装を行ったり内装を美しくする以外にも、時代に合わせて設備も大胆に見直すべきです。特に規模の大きなオフィスビルの場合には、エレベーターのリニューアルも行うべきです。またトイレや洗面所の改修工事も行うことで、より一層快適なオフィスが実現可能です。快適なビルを目指すことで、築50年であっても満室が目指せるでしょう。