メガソーラーで地球環境にエコ【太陽光でエレクトリック充電完了】

太陽光発電

集団で住んでいる

購入したマンションが大規模修繕

マンションは集合住宅ですので、多くの所有者が共有する建物です。分譲マンションの場合、さまざまな管理上の規則やルールを定めるため管理組合というものが組織されます。これは住民が主体となった管理組織です。 マンションの場合、毎月、管理費と修繕積立金を支払います。これらのお金は管理組合が管理し、共有部分の管理や修繕に用立てるものです。例えば、廊下の清掃、照明器具の修理、交換、エレベーターの点検などが日常行われる管理業務です。そのための費用は、住民が毎月支払っている管理費と修繕積立金から支払われます。 しかし、これらの日常管理業務とは別に、マンションには大規模修繕という大きなリフォーム工事が必要になります。

経年劣化や老朽化に対応する必要性

鉄筋コンクリートで建てられてマンションでも築後10年経過すると、あちこちが老朽化してきます。目に見える場所も見えない場所も劣化し損傷し、腐食している箇所が出てきます。日常生活に支障がなくても、放置すれば深刻化しかねないような劣化部分があるかもしれません。さらに、適切なメンテナンスを行うことで、建物の寿命を延ばし、資産価値を維持することにつながります。 したがって、マンションのような建物の場合、一定期間ごとに大規模修繕と呼ばれるリフォーム工事が必要なのです。大規模修繕の工事内容は、ケースバイケースで異なりますが、一般的には外壁や屋根、共用部分の給排水配管や設備などが対象になります。 大規模修繕の際には、管理組合が主導して施工業者との交渉を行うことが求められます。管理会社任せにしないで、積極的な参加が必要です。